So-net無料ブログ作成
検索選択

Health&beautyのカテゴリ記事一覧

人は何のために生きるのか?人生や仕事に疑問を持ち続け今日という日を一生懸命過ごしています。今までに培ってきた経験をもとに「普通」とはちょっと違った意見や考え方を言葉にしています。

カテゴリ:Health&beauty

Health&beautyのカテゴリ記事一覧。人は何のために生きるのか?人生や仕事に疑問を持ち続け今日という日を一生懸命過ごしています。今までに培ってきた経験をもとに「普通」とはちょっと違った意見や考え方を言葉にしています。

Health&beauty
・ディズニーランドの誕生日特典をお得に使う?5つの特典はコレ!・クロロフィルが体臭改善に効果!・インフルエンザ予防接種の効果と反応・肌がボコボコの原因・早くに肌..

記事を読む

Health&beauty
ディズニーのテーマパークといえば、さまざまなサービスで訪れた人を楽しませてくれることで有名ですよね。そんなディズニーなので、誕生日に行くと嬉しい特典がいくつも用..

記事を読む

Health&beauty
ポリフェノールの一種で、青物野菜にに多く含まれているクロロフィル実は私たちが普段口にする「コーヒー」の成分である「カフェイン」にもこのクロロフィルが含まれている..

記事を読む

Health&beauty
インフルエンザ脳症インフルエンザの合併症の一つ、インフルエンザ脳症。脳がはれ、呼吸が止まるなど全身状態が悪化し、進行が早く死に至ることもある危険な合併症です。専..

記事を読む

Health&beauty
インフルエンザ脳症インフルエンザの合併症の一つ、インフルエンザ脳症。脳がはれ、呼吸が止まるなど全身状態が悪化し、進行が早く死に至ることもある危険な合併症です。専..

記事を読む

Health&beauty
インフルエンザ脳症インフルエンザの合併症の一つ、インフルエンザ脳症。脳がはれ、呼吸が止まるなど全身状態が悪化し、進行が早く死に至ることもある危険な合併症です。専..

記事を読む

Health&beauty
インフルエンザ脳症インフルエンザの合併症の一つ、インフルエンザ脳症。脳がはれ、呼吸が止まるなど全身状態が悪化し、進行が早く死に至ることもある危険な合併症です。専..

記事を読む

Health&beauty
インフルエンザ脳症インフルエンザの合併症の一つ、インフルエンザ脳症。脳がはれ、呼吸が止まるなど全身状態が悪化し、進行が早く死に至ることもある危険な合併症です。専..

記事を読む

Health&beauty
ワキガの芸能人「子供のワキガ治療対策ナビ  子供の腋臭をなくしてあげよう!」ブログは最近増加している子供のワキガ(わきが)、体臭、多汗症、腋臭など臭いの悩みの治..

記事を読む

Health&beauty
衣類からうつることはある?まず、覚えておくべき大前提としてワキガは人から人へ感染するような病気や風邪のウイルスとは違います。そもそもワキガとは、アポクリン汗腺か..

記事を読む

ディズニーランドの誕生日特典をお得に使う?5つの特典はコレ!

ディズニーテーマパークといえば、さまざまなサービスで訪れた人を楽しませてくれることで有名ですよね。そんなディズニーなので、誕生日に行くと嬉しい特典がいくつも用意されているんです。プレゼントがもらえたり、無料になるものがあったり。さらにはミッキーからのメッセージも!?ディズニー好きの人はもちろん誕生日に恋人を喜ばせたい人も、これをチェックして素敵な誕生日にしてみてはいかがでしょうか?

クロロフィルが体臭改善に効果!

ポリフェノールの一種で、青物野菜にに多く含まれているクロロフィル

実は私たちが普段口にする「コーヒー」の成分である「カフェイン」にも

このクロロフィルが含まれているのです。

多く摂取しては逆交換になりかね前んが、適量を体内に摂取すると、

強い抗酸化作用があるため、体臭改善に効果が期待出るのです。


抗酸化作用とは、体内に取り入れた酸素が活性酸素へと変わると、

体内が酸化が進み、体が「サビる」ことにつながるのです。


そのため、クロロフィルを体内にいれれば、体の内部が酸化する進行を

遅らせる事が出来るのです。

 カテゴリ

 タグ

インフルエンザ 防接種の効果(主婦)

インフルエンザ脳症

インフルエンザの合併症の一つ、インフルエンザ脳症。
脳がはれ、呼吸が止まるなど全身状態が悪化し、進行が早く死に至ることもある危険な合併症です。専門家はインフルエンザに感染したときには、子どもの目の様子などの症状に注意する必要があると指摘しています。

発熱から数時間後

脳症は季節性では1~3歳児を中心に、発熱後、数時間から1日で発症することが多く、感染後にタミフルを服用していても発症した例もあります。ウィルスに過剰に反応したためと考えられていますが、日本や台湾に多く、欧米では少ないのも特徴です。

インフルエンザにかかった子どもで脳症を発症するのは、1万人に1人と多くはありません。有効な治療法は確立されていませんが、治療法としては脳低体温療法やステロイドの大量投与など数種あります。

また、アスピリンなどの大人向けの解熱剤は、かえって脳症を悪化させることが分かっています。市販薬や過去に処方された薬を自己判断で使うのは避けるのが賢明です。

インフルエンザ脳症とは

季節性インフルエンザでは確認されているだけでも年間100~200人が発症しています。そのうち1~2割は亡くなり、3~4割には知的障害やてんかん、四肢麻痺などの後遺症が出ます。

インフルエンザウィルスに感染すると、ウィルスを排除しようとして白血球が動員されます。白血球がウィルスを攻撃すると、白血球からはサイトカインといわれる種々の化学物質が放出されます。本来、サイトカインは人体の細胞に作用して、細胞の機能を調節するため重要な役割を担っています。しかし、白血球から過剰にサイトカインが放出され、アレルギーと同じ反応を起こすことが、インフルエンザ脳症の原因になっていることが分かってきました(サイトカインストーム)。サイトカインストームを起こす原因は不明ですが、ウィルスの量、体調、体質などが関係していると推測されています。

サイトカインストームを起こすと、脳では血管に作用し、血液の水分を漏出させ、脳のむくみ(脳浮腫といいます)を起こします。脳浮腫が起こると脳の圧が高まり、やがて脳は逃げ場を求めて延髄を圧迫するようになります(これを脳ヘルニアといいます)。脳ヘルニアが起こると、意識障害が起こり、呼吸が停止し、死に至ります。

アスピリンなどの解熱剤の多くは、血管から水分の透過性を亢進させるため、脳浮腫を助長し、脳症を起こりやすくすることが分かってきました。インフルエンザでは解熱剤は慎重にしないといけません。

脳浮腫は短時間に進行するために、数時間のうちに状態が悪化することがあります。脳浮腫の初期症状は、頭痛とおう吐です。頭痛とおう吐が激しいときには、脳症の始まりではないかと疑う必要があります。

難しいインフルエンザ脳症の見極め方

画像をクリックすると拡大します
インフルエンザ脳症の見極め方
(イラスト1)

(イラスト1)

脳症のおもな初期症状は、けいれん、意識障害、異常な言動の三つです。

ただ、脳症以外でも高熱のためにけいれんを起こすことがあります。これは「熱性けいれん」と呼ばれ、後遺症などの心配もありません。急に部屋を走り回ったり、うわごとを言ったりするなどの異常な言動も、熱が高いときには起きやすく、脳症との見分けは難しいです。

インフルエンザ脳症で子どもを亡くした親らでつくる「小さないのち」http://www.chiisanainochi.org/ の調査では、視線が合うか、意志の疎通がとれるかを確認する、「とくに目の様子に注意を」と呼びかけています。眠り続けるように見えても、意識障害を起こしている場合もあるので注意が必要です。

専門家は、「けいれんや意識状態を医師以外の人が見極めるのは難しい。少しでも気になれば、まずかかりつけの小児科医に連絡を」と話しています。

一方、高い熱だけであわてないようにすることも大切です。脳症と熱の高さは必ずしも関係はないといわれています。意識がはっきりとして、水分がとれており、呼吸が正常なら、極端な高熱でない限り、首やわきの下を冷やすなどして家庭で対応することができます。

 カテゴリ

 タグ

インフルエンザ予防接種の効果と年齢は?

インフルエンザ脳症

インフルエンザの合併症の一つ、インフルエンザ脳症。
脳がはれ、呼吸が止まるなど全身状態が悪化し、進行が早く死に至ることもある危険な合併症です。専門家はインフルエンザに感染したときには、子どもの目の様子などの症状に注意する必要があると指摘しています。

発熱から数時間後

脳症は季節性では1~3歳児を中心に、発熱後、数時間から1日で発症することが多く、感染後にタミフルを服用していても発症した例もあります。ウィルスに過剰に反応したためと考えられていますが、日本や台湾に多く、欧米では少ないのも特徴です。

インフルエンザにかかった子どもで脳症を発症するのは、1万人に1人と多くはありません。有効な治療法は確立されていませんが、治療法としては脳低体温療法やステロイドの大量投与など数種あります。

また、アスピリンなどの大人向けの解熱剤は、かえって脳症を悪化させることが分かっています。市販薬や過去に処方された薬を自己判断で使うのは避けるのが賢明です。

インフルエンザ脳症とは

季節性インフルエンザでは確認されているだけでも年間100~200人が発症しています。そのうち1~2割は亡くなり、3~4割には知的障害やてんかん、四肢麻痺などの後遺症が出ます。

インフルエンザウィルスに感染すると、ウィルスを排除しようとして白血球が動員されます。白血球がウィルスを攻撃すると、白血球からはサイトカインといわれる種々の化学物質が放出されます。本来、サイトカインは人体の細胞に作用して、細胞の機能を調節するため重要な役割を担っています。しかし、白血球から過剰にサイトカインが放出され、アレルギーと同じ反応を起こすことが、インフルエンザ脳症の原因になっていることが分かってきました(サイトカインストーム)。サイトカインストームを起こす原因は不明ですが、ウィルスの量、体調、体質などが関係していると推測されています。

サイトカインストームを起こすと、脳では血管に作用し、血液の水分を漏出させ、脳のむくみ(脳浮腫といいます)を起こします。脳浮腫が起こると脳の圧が高まり、やがて脳は逃げ場を求めて延髄を圧迫するようになります(これを脳ヘルニアといいます)。脳ヘルニアが起こると、意識障害が起こり、呼吸が停止し、死に至ります。

アスピリンなどの解熱剤の多くは、血管から水分の透過性を亢進させるため、脳浮腫を助長し、脳症を起こりやすくすることが分かってきました。インフルエンザでは解熱剤は慎重にしないといけません。

脳浮腫は短時間に進行するために、数時間のうちに状態が悪化することがあります。脳浮腫の初期症状は、頭痛とおう吐です。頭痛とおう吐が激しいときには、脳症の始まりではないかと疑う必要があります。

難しいインフルエンザ脳症の見極め方

画像をクリックすると拡大します
インフルエンザ脳症の見極め方
(イラスト1)

(イラスト1)

脳症のおもな初期症状は、けいれん、意識障害、異常な言動の三つです。

ただ、脳症以外でも高熱のためにけいれんを起こすことがあります。これは「熱性けいれん」と呼ばれ、後遺症などの心配もありません。急に部屋を走り回ったり、うわごとを言ったりするなどの異常な言動も、熱が高いときには起きやすく、脳症との見分けは難しいです。

インフルエンザ脳症で子どもを亡くした親らでつくる「小さないのち」http://www.chiisanainochi.org/ の調査では、視線が合うか、意志の疎通がとれるかを確認する、「とくに目の様子に注意を」と呼びかけています。眠り続けるように見えても、意識障害を起こしている場合もあるので注意が必要です。

専門家は、「けいれんや意識状態を医師以外の人が見極めるのは難しい。少しでも気になれば、まずかかりつけの小児科医に連絡を」と話しています。

一方、高い熱だけであわてないようにすることも大切です。脳症と熱の高さは必ずしも関係はないといわれています。意識がはっきりとして、水分がとれており、呼吸が正常なら、極端な高熱でない限り、首やわきの下を冷やすなどして家庭で対応することができます。

 カテゴリ

 タグ

インフルエンザ予防接種の効果 2016

インフルエンザ脳症

インフルエンザの合併症の一つ、インフルエンザ脳症。
脳がはれ、呼吸が止まるなど全身状態が悪化し、進行が早く死に至ることもある危険な合併症です。専門家はインフルエンザに感染したときには、子どもの目の様子などの症状に注意する必要があると指摘しています。

発熱から数時間後

脳症は季節性では1~3歳児を中心に、発熱後、数時間から1日で発症することが多く、感染後にタミフルを服用していても発症した例もあります。ウィルスに過剰に反応したためと考えられていますが、日本や台湾に多く、欧米では少ないのも特徴です。

インフルエンザにかかった子どもで脳症を発症するのは、1万人に1人と多くはありません。有効な治療法は確立されていませんが、治療法としては脳低体温療法やステロイドの大量投与など数種あります。

また、アスピリンなどの大人向けの解熱剤は、かえって脳症を悪化させることが分かっています。市販薬や過去に処方された薬を自己判断で使うのは避けるのが賢明です。

インフルエンザ脳症とは

季節性インフルエンザでは確認されているだけでも年間100~200人が発症しています。そのうち1~2割は亡くなり、3~4割には知的障害やてんかん、四肢麻痺などの後遺症が出ます。

インフルエンザウィルスに感染すると、ウィルスを排除しようとして白血球が動員されます。白血球がウィルスを攻撃すると、白血球からはサイトカインといわれる種々の化学物質が放出されます。本来、サイトカインは人体の細胞に作用して、細胞の機能を調節するため重要な役割を担っています。しかし、白血球から過剰にサイトカインが放出され、アレルギーと同じ反応を起こすことが、インフルエンザ脳症の原因になっていることが分かってきました(サイトカインストーム)。サイトカインストームを起こす原因は不明ですが、ウィルスの量、体調、体質などが関係していると推測されています。

サイトカインストームを起こすと、脳では血管に作用し、血液の水分を漏出させ、脳のむくみ(脳浮腫といいます)を起こします。脳浮腫が起こると脳の圧が高まり、やがて脳は逃げ場を求めて延髄を圧迫するようになります(これを脳ヘルニアといいます)。脳ヘルニアが起こると、意識障害が起こり、呼吸が停止し、死に至ります。

アスピリンなどの解熱剤の多くは、血管から水分の透過性を亢進させるため、脳浮腫を助長し、脳症を起こりやすくすることが分かってきました。インフルエンザでは解熱剤は慎重にしないといけません。

脳浮腫は短時間に進行するために、数時間のうちに状態が悪化することがあります。脳浮腫の初期症状は、頭痛とおう吐です。頭痛とおう吐が激しいときには、脳症の始まりではないかと疑う必要があります。

難しいインフルエンザ脳症の見極め方

画像をクリックすると拡大します
インフルエンザ脳症の見極め方
(イラスト1)

(イラスト1)

脳症のおもな初期症状は、けいれん、意識障害、異常な言動の三つです。

ただ、脳症以外でも高熱のためにけいれんを起こすことがあります。これは「熱性けいれん」と呼ばれ、後遺症などの心配もありません。急に部屋を走り回ったり、うわごとを言ったりするなどの異常な言動も、熱が高いときには起きやすく、脳症との見分けは難しいです。

インフルエンザ脳症で子どもを亡くした親らでつくる「小さないのち」http://www.chiisanainochi.org/ の調査では、視線が合うか、意志の疎通がとれるかを確認する、「とくに目の様子に注意を」と呼びかけています。眠り続けるように見えても、意識障害を起こしている場合もあるので注意が必要です。

専門家は、「けいれんや意識状態を医師以外の人が見極めるのは難しい。少しでも気になれば、まずかかりつけの小児科医に連絡を」と話しています。

一方、高い熱だけであわてないようにすることも大切です。脳症と熱の高さは必ずしも関係はないといわれています。意識がはっきりとして、水分がとれており、呼吸が正常なら、極端な高熱でない限り、首やわきの下を冷やすなどして家庭で対応することができます。

 カテゴリ

 タグ

インフルエンザ予防接種の効果と反応

インフルエンザ脳症

インフルエンザの合併症の一つ、インフルエンザ脳症。
脳がはれ、呼吸が止まるなど全身状態が悪化し、進行が早く死に至ることもある危険な合併症です。専門家はインフルエンザに感染したときには、子どもの目の様子などの症状に注意する必要があると指摘しています。

発熱から数時間後

脳症は季節性では1~3歳児を中心に、発熱後、数時間から1日で発症することが多く、感染後にタミフルを服用していても発症した例もあります。ウィルスに過剰に反応したためと考えられていますが、日本や台湾に多く、欧米では少ないのも特徴です。

インフルエンザにかかった子どもで脳症を発症するのは、1万人に1人と多くはありません。有効な治療法は確立されていませんが、治療法としては脳低体温療法やステロイドの大量投与など数種あります。

また、アスピリンなどの大人向けの解熱剤は、かえって脳症を悪化させることが分かっています。市販薬や過去に処方された薬を自己判断で使うのは避けるのが賢明です。

インフルエンザ脳症とは

季節性インフルエンザでは確認されているだけでも年間100~200人が発症しています。そのうち1~2割は亡くなり、3~4割には知的障害やてんかん、四肢麻痺などの後遺症が出ます。

インフルエンザウィルスに感染すると、ウィルスを排除しようとして白血球が動員されます。白血球がウィルスを攻撃すると、白血球からはサイトカインといわれる種々の化学物質が放出されます。本来、サイトカインは人体の細胞に作用して、細胞の機能を調節するため重要な役割を担っています。しかし、白血球から過剰にサイトカインが放出され、アレルギーと同じ反応を起こすことが、インフルエンザ脳症の原因になっていることが分かってきました(サイトカインストーム)。サイトカインストームを起こす原因は不明ですが、ウィルスの量、体調、体質などが関係していると推測されています。

サイトカインストームを起こすと、脳では血管に作用し、血液の水分を漏出させ、脳のむくみ(脳浮腫といいます)を起こします。脳浮腫が起こると脳の圧が高まり、やがて脳は逃げ場を求めて延髄を圧迫するようになります(これを脳ヘルニアといいます)。脳ヘルニアが起こると、意識障害が起こり、呼吸が停止し、死に至ります。

アスピリンなどの解熱剤の多くは、血管から水分の透過性を亢進させるため、脳浮腫を助長し、脳症を起こりやすくすることが分かってきました。インフルエンザでは解熱剤は慎重にしないといけません。

脳浮腫は短時間に進行するために、数時間のうちに状態が悪化することがあります。脳浮腫の初期症状は、頭痛とおう吐です。頭痛とおう吐が激しいときには、脳症の始まりではないかと疑う必要があります。

難しいインフルエンザ脳症の見極め方

画像をクリックすると拡大します
インフルエンザ脳症の見極め方
(イラスト1)

(イラスト1)

脳症のおもな初期症状は、けいれん、意識障害、異常な言動の三つです。

ただ、脳症以外でも高熱のためにけいれんを起こすことがあります。これは「熱性けいれん」と呼ばれ、後遺症などの心配もありません。急に部屋を走り回ったり、うわごとを言ったりするなどの異常な言動も、熱が高いときには起きやすく、脳症との見分けは難しいです。

インフルエンザ脳症で子どもを亡くした親らでつくる「小さないのち」http://www.chiisanainochi.org/ の調査では、視線が合うか、意志の疎通がとれるかを確認する、「とくに目の様子に注意を」と呼びかけています。眠り続けるように見えても、意識障害を起こしている場合もあるので注意が必要です。

専門家は、「けいれんや意識状態を医師以外の人が見極めるのは難しい。少しでも気になれば、まずかかりつけの小児科医に連絡を」と話しています。

一方、高い熱だけであわてないようにすることも大切です。脳症と熱の高さは必ずしも関係はないといわれています。意識がはっきりとして、水分がとれており、呼吸が正常なら、極端な高熱でない限り、首やわきの下を冷やすなどして家庭で対応することができます。

 カテゴリ

インフルエンザ米国の予防接種

インフルエンザ脳症

インフルエンザの合併症の一つ、インフルエンザ脳症。
脳がはれ、呼吸が止まるなど全身状態が悪化し、進行が早く死に至ることもある危険な合併症です。専門家はインフルエンザに感染したときには、子どもの目の様子などの症状に注意する必要があると指摘しています。

発熱から数時間後

脳症は季節性では1~3歳児を中心に、発熱後、数時間から1日で発症することが多く、感染後にタミフルを服用していても発症した例もあります。ウィルスに過剰に反応したためと考えられていますが、日本や台湾に多く、欧米では少ないのも特徴です。

インフルエンザにかかった子どもで脳症を発症するのは、1万人に1人と多くはありません。有効な治療法は確立されていませんが、治療法としては脳低体温療法やステロイドの大量投与など数種あります。

また、アスピリンなどの大人向けの解熱剤は、かえって脳症を悪化させることが分かっています。市販薬や過去に処方された薬を自己判断で使うのは避けるのが賢明です。

インフルエンザ脳症とは

季節性インフルエンザでは確認されているだけでも年間100~200人が発症しています。そのうち1~2割は亡くなり、3~4割には知的障害やてんかん、四肢麻痺などの後遺症が出ます。

インフルエンザウィルスに感染すると、ウィルスを排除しようとして白血球が動員されます。白血球がウィルスを攻撃すると、白血球からはサイトカインといわれる種々の化学物質が放出されます。本来、サイトカインは人体の細胞に作用して、細胞の機能を調節するため重要な役割を担っています。しかし、白血球から過剰にサイトカインが放出され、アレルギーと同じ反応を起こすことが、インフルエンザ脳症の原因になっていることが分かってきました(サイトカインストーム)。サイトカインストームを起こす原因は不明ですが、ウィルスの量、体調、体質などが関係していると推測されています。

サイトカインストームを起こすと、脳では血管に作用し、血液の水分を漏出させ、脳のむくみ(脳浮腫といいます)を起こします。脳浮腫が起こると脳の圧が高まり、やがて脳は逃げ場を求めて延髄を圧迫するようになります(これを脳ヘルニアといいます)。脳ヘルニアが起こると、意識障害が起こり、呼吸が停止し、死に至ります。

アスピリンなどの解熱剤の多くは、血管から水分の透過性を亢進させるため、脳浮腫を助長し、脳症を起こりやすくすることが分かってきました。インフルエンザでは解熱剤は慎重にしないといけません。

脳浮腫は短時間に進行するために、数時間のうちに状態が悪化することがあります。脳浮腫の初期症状は、頭痛とおう吐です。頭痛とおう吐が激しいときには、脳症の始まりではないかと疑う必要があります。

難しいインフルエンザ脳症の見極め方

画像をクリックすると拡大します
インフルエンザ脳症の見極め方
(イラスト1)

(イラスト1)

脳症のおもな初期症状は、けいれん、意識障害、異常な言動の三つです。

ただ、脳症以外でも高熱のためにけいれんを起こすことがあります。これは「熱性けいれん」と呼ばれ、後遺症などの心配もありません。急に部屋を走り回ったり、うわごとを言ったりするなどの異常な言動も、熱が高いときには起きやすく、脳症との見分けは難しいです。

インフルエンザ脳症で子どもを亡くした親らでつくる「小さないのち」http://www.chiisanainochi.org/ の調査では、視線が合うか、意志の疎通がとれるかを確認する、「とくに目の様子に注意を」と呼びかけています。眠り続けるように見えても、意識障害を起こしている場合もあるので注意が必要です。

専門家は、「けいれんや意識状態を医師以外の人が見極めるのは難しい。少しでも気になれば、まずかかりつけの小児科医に連絡を」と話しています。

一方、高い熱だけであわてないようにすることも大切です。脳症と熱の高さは必ずしも関係はないといわれています。意識がはっきりとして、水分がとれており、呼吸が正常なら、極端な高熱でない限り、首やわきの下を冷やすなどして家庭で対応することができます。

 カテゴリ

ワキガの芸能人?木村拓哉

ワキガの芸能人
「子供のワキガ治療対策ナビ  子供の腋臭をなくしてあげよう!」ブログは最近増加している子供のワキガ(わきが)、体臭、多汗症、腋臭など臭いの悩みの治療対策予防法を考えます。ワキガ(わきが)、体臭、多汗症、腋臭などの原因、治す治療法、手術、予防法、治療薬、クリーム、重曹、全国(東京・大阪・名古屋・神戸・福岡・仙台・札幌など)の美容整形外科病院(品川美容外科、湘南美容外科他)での診断、手術(ワキガに保険は適用するか、傷跡は残るか、手術後の痛みは、後遺症)、レーザーや超音波などのワキガ治療法、口コミ情報をご紹介していきます。ワキガ(わきが)と噂の疑惑芸能人木村拓哉(キムタク) 倖田來未 辺見えみり 沢尻エリカ 高橋愛 観月ありさ 米倉涼子 向井亜紀。「子供のワキガ治療対策ナビ」ブログをチェック!

 カテゴリ

 タグ

ワキガの耳垢はうつる?

衣類からうつることはある?

まず、覚えておくべき大前提としてワキガは人から人へ感染するような病気や風邪のウイルスとは違います。
そもそもワキガとは、アポクリン汗腺から分泌される汗の性質によって、皮膚の表面に付着している細菌が汗で分解されることで特有のニオイを放つ症状です。
当然、ワキの下のアポクリン汗腺が多い人はワキガになりやすい傾向にあり、その多くは遺伝で決定しています。
つまり、遺伝的に継承された体質ですので、ましてや衣類を介して「うつる」こともないでのす。

しかし、ワキガの人の衣類を借りた場合、脇の部分が自分の脇の肌に直接触れるようなことがあれば一時的にワキガのようなニオイになることがあります。
実はワキガの人の皮膚に付着している細菌はそうでない人の常在細菌と違います。
それだけでなく、汗で分解された細菌のニオイ成分も違うのです。
ワキガの人の衣類に付着していた細菌が衣類を介して自分の皮膚に付着したとしても、数時間ほどで消える残り香のような現象なのです。
ただ、家族の中にワキガ体質の人がいる場合には同じ空間で生活しているだけに衣類に染み付いてしまうということも考えられます。
家族間では体臭が似ていることも多くワキガのニオイに気づかないこともありますが、ニオイが気になる場合は念のため衣類の洗濯や保管は別々にするといった対策が必要です。


子供のワキガは突然なるもの?何歳から?

子供がある日突然にワキガになるわけではありません。
一般的に両親がワキガ体質の場合、子供に遺伝する確率はほぼ90%以上と高い傾向にあります。
片方の親がそうであっても遺伝的な確率は70%とされています。
また、耳垢が溜まる外耳道のアポクリン汗腺は幼少の頃にはもう発達していますので、耳垢が湿って柔らかい場合は将来ワキガになる可能性があるとある程度は判断することができます。
子供が本格的にワキガのニオイに悩み始めるのは、アポクリン汗腺が一気に増加する第二次性成長期、平均的に男の子は11歳半、女の子は10歳のいわゆる思春期です。
最近ではワキガに悩む子供のための専門治療センターがあり、ニオイ症状の改善のほか注射や手術など行っています。
また、他院で受けた手術の修正や再発に対する処置などの治療も行っています。
一般的に手術を希望する場合は、治療後の再発を考慮してワキのアポクリン汗腺が発達しきった第二次性成長期以降が適齢とされています。

 カテゴリ

 タグ

Copyright © 凸凹ZIN All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。